2006年10月31日

四白眼

三白眼の女優は結構いるが
四白眼の俳優も結構いるではないかと
ある人に指摘された。

例えばクリストファー・ウォーケン様とか
ヴィンセント・ギャロ。

どちらもカッコよすぎるけれど。
クリストファー・ウォーケン様が
アップで近づいてきたら
…コワイな。

いくら自分が四白眼でもあの眼には負ける…。
posted by vlt at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

三白眼の女優

どうやら僕は三白眼の女優が好きらしい。
シャーロット・ランプリングとブリジット・フォンダは間違いなく三白眼だ。
似た目をしている。普通に好き。
出演作にあまり恵まれていないのが難。
ランプリングは最近フランソワ・オゾン監督で復活した感じ。

あと地味なところでヘレン・ミレンが好きだ。
『コックと泥棒,その妻と愛人』のラストシーンの美しさ。
この人も間違いなく三白眼。
この人は作品に恵まれている。脚本を見る目があるのか。

三白眼でなくて好きなのは
ジュリー・デルピーやクリスティン・スコット・トーマス。
こちらはちょっとはかなげ。
僕の基準ではおめめパッチリ。

世間の基準ではパッチリとは
ウィノナ・ライダーやイザベル・アジャーニみたいな人を言うのだろうが。

あと好きなのは、サンドラ・マジャーニとか
インゲボルガ・ダプコウナイテ。
でも出演作があまりに少ないのが残念だけど。

でもやっぱり三白眼の女優が好きだ。
ちなみに僕は四白眼なのだけど。
posted by vlt at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

『フーコー・コレクション 4・5・6』

フーコー・コレクション〈4〉権力・監禁

フーコー・コレクション〈5〉性・真理

フーコー・コレクション〈6〉生政治・統治

フーコー・コレクションがついに完結。
さらに12月には『フーコー・コレクション フーコー・ガイドブック』が出るらしい。
どんなものか分からないけれど楽しみ。
posted by vlt at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

『アンチ・オイディプス(上・下)』

アンチ・オイディプス(上)資本主義と分裂症

アンチ・オイディプス(下)資本主義と分裂症

ジル・ドゥルーズ フェリックス・ガタリ。河出文庫。

ドゥルーズ/ガタリの本って、大きいし重いし高いし…。
学部の図書館で本当にお世話になりました。
それがついに文庫化!

この本も古典になったという事か。
というか、買うべし、買うべし、買うべし。

これが文庫で読めるなんてありえない。
こういうことをやってくれるから河出書房新社は好きだ。
あとついでに『ミル・プラトー』
『差異と反復』も文庫化してくれるとうれしいんだけどな。

期待しよう。
posted by vlt at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。