2007年02月27日

アカデミー賞

まあ、所詮アカデミー賞だけど。
個人的にはカンヌの方が好きなのだけれど。
それに賞を与えると言う行為は
権力の作用でしかないのだけれど。
今年はちょっと面白い。

このブログのアイドルである
ヘレン・ミレンが主演女優賞を取ったのはうれしい。
いやービックリした。
ハリウッドから最も遠そうな感じだし。
これを機会に彼女の出演作がDVD化してくれるとうれしい。
最近『ゴスフォード・パーク』を観たのだけれど
ヘレン・ミレンの存在感はずば抜けていた。
(エミリー・ワトソンも出てたね、実は)

主演男優賞がフォレスト・ウェティカーと言うのもビックリ。
『ハスラー2』でポール・ニューマンをカモる
凄腕ハスラーを演じるのを見てから
この人は気になっていた。
「おれは太りすぎかい?」

『プレタポルテ』、『スモーク』でもこの人はいい味出してた。
と思えば『スピーシーズ』見たいなB級映画にも出てた。
名脇役だからもしノミネートされるなら
助演の方だと思っていたけれど
主演を張れるいい作品が回ってきたようです。

久しぶりに面白いニュースでした。
posted by vlt at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

『ポーの一族』

ポーの一族 (1)

ポーの一族 (2)

ポーの一族 (3)

萩尾 望都

久しぶりに読んでみたのですが、やはり名作です。
いろんな時代にポーの一族と関わった人間達。
最後の方に年表のページがあります。
いったん時間の流れと出来事を
すっきりさせようと言うところなのでしょうかね。
時間を越えてエピソードが行ったり来たり。
複線にもなっており面白いです。

個人的にはシーラが好きなのです。美しい。
最後、エドガーはどうなったのでしょうね…。
posted by vlt at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | comic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。