2007年08月22日

『アレクサンドリア四重奏』

アレクサンドリア四重奏 1 ジュスティーヌ

アレクサンドリア四重奏 2 バルタザール

アレクサンドリア四重奏 3 マウントオリーブ

アレクサンドリア四重奏 4 クレア

ロレンス・ダレル
河出書房新社

何年か前に河出書房新社のHPに
『アレクサンドリア四重奏』の文庫化予告が掲載された。
しかし、待てども待てども発売されたという情報が出ない。
そしていつの間にかそのページもHPから消えていた。
すごく楽しみにしていたのに。

それからすっかり忘れていたら
文庫じゃないけど今年の春から夏に4冊出てた。
ずっと絶版だったけど。

これは『囚人のジレンマ』と並んで
今年の翻訳本の中で1、2位でしょう
新訳、旧訳は置いておいて。

みすず書房と河出書房新社は
文庫以外もチェックしておかないといけないなと。改めて。
あと国書刊行会も。

ともあれこのような小説が発売されるのはうれしい事。
ここまで読みたい本、最近少ないものね。。。
posted by vlt at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

『囚人のジレンマ』

囚人のジレンマ

リチャード・パワーズ
柴田元幸 訳
みすず書房

なんてこった。
邦訳が出てたなんて。
しかももう3ヶ月も経っていた。
訳はやはり柴田元幸。

言わずもがなですが
ゲーム理論の本ではありません。

これは私的に絶対に読まなければならない小説。
早速Amazonで購入。届くのが楽しみ。
posted by vlt at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。