2009年09月23日

『ナインスゲート』

ナインスゲート デラックス版 [DVD]

ジョニー・デップ、エマニュエル・セニエ、レナ・オリン
ロマン・ポランスキー監督

ポランスキー作品で唯一見ていなかった映画です。理由はハズレの臭いがぷんぷん漂っているから、だったのですが。。

世界に3冊しかない珍しい古書の真贋の調査を収集家から依頼されたコルソ。調査を開始したが、彼の周りには謎の美女がつきまとう。さらに、本に関わる人間は次々と殺され、自身も追われる身となるが。。

本の探偵コルソにジョニー・デップ。彼に付きまとう謎の美女は『赤い航路』のミミ、エマニュエル・セニエ。古書の以前の持ち主で謎めいた未亡人に『蜘蛛女』のレナ・オリン。

映像はやはりきれいで、ストーリーもぐいぐいと引き込まれます。伏線らしきものも張っているし面白い。さてあとはラストにどう着地するかというところですが・・・。

最後はがっかりでした。。『ローズマリーの赤ちゃん』風かとも思ったのですが、そうでもありません。
途中はずいぶん引き込まれてハズレの予感が外れてくれるか、と期待したのですが、終わってみるとやはりハズレでした。
しかし、観ている間は楽しめます。ポランスキーらしいB級ということで。
posted by vlt at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。