2008年10月11日

『ベルリン・天使の詩』

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版

ブルーノ・ガンツ
ヴィム・ヴェンダース監督

今までなぜか出会うことのなかったヴェンダース。
この映画でヴェンダース初体験。

黒のコートを着た天使達がいい感じ。
天使の視線からはモノクロの世界。
人間の視線からはカラーの世界。

天使の視線でゆっくりと時間が流れますが
その中で今は人間であるピーター・フォークが
元天使のいい味を出しています。
人間になる時の鎧の値段を主人公と話すシーン等。
小技も利いてます。

モノクロの映像と詩的なセリフで今まで観たことの無い独自の世界。
この人の映画は他にも観てみたいです。
posted by vlt at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。