2008年01月02日

『愛のエチュード』

愛のエチュード

ジョン・タトゥーロ、 エミリー・ワトソン
マルレーン・ゴリス監督

ナボコフの『ディフェンス』が原作。
原題は"The Luzhin Defence"(ルージン・ディフェンス)。
直訳されても困るので『愛のエチュード』でいいのかもしれません。
ラストとはぴったり合ってるし。
ただ、トリュフォーの『恋のエチュード』と混同しそうになります。。

チェスを知ってる人ならこの映画の細かい点に
ツッコミを入れたくなるかもしれません。
例えば。。

・IQP ( Isolated Queen's Pawn ) の訳
 (字幕翻訳者がチェスを知らないからひどい事になってる)
・ルージン・ディフェンス
 (結局のところ 1.Nf3 にどう対応するかという事)
・最後のエチュードが実は簡単
 (数秒で解ける)

しかし、チェスをストーリーの小道具として観ると悪くない映画です。
チェスにとりつかれた主人公にジョン・タトゥーロ。
恋人役はエミリー・ワトソン。
『奇跡の海』での演技が強烈な印象でしたが
ここでは危うい主人公を支えています。

自分にとって一番大切なものが、自分の寿命を縮めてしまいます。
周囲はそれを心配してやめさせようとします。
愛するがゆえなのですが、本人はそれで死ぬのなら本望なのです。
その辺りが身につまされて非常に切なかったです。

チェスプレイヤーに感情移入して観るとつらいかも。
逆に恋人に感情移入して観ることができれば
観終わった後、爽やかな感情が残ると思います。
posted by vlt at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75947673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。