2008年01月13日

『ショート・カッツ』

ショート・カッツ

ジュリアン・ムーア、ティム・ロビンス、ジャック・レモン、ロバート・ダウニー・Jr.、アンディ・マクダウェル、マシュー・モディーン、マデリーン・ストー、フランシス・マクドーマンド、ジェニファー・ジェイソン・リー、クリス・ペン、ピーター・ギャラガー、ライル・ラヴェット

ロバート・アルトマン監督

アルトマンの代表作がついにDVD化です。
この作品を見るのは2回目。
前回はレイモンド・カーヴァーの短編集を読んだ直後で
この場面はあの短編が元になっているなとか
一つ一つ思いながら見ていました。
今回はそんなことはすっかり忘れていましたが。

夜に殺虫剤を撒くヘリコプターの隊列のシーンがオープニング。
ラストを予兆させるような美しく少し不気味な幕開けです。

10組の日常を行ったり来たりしながら
それぞれのストーリーが少しづつ関連してきます。

クスリと笑わせるアルトマンのユーモアのセンスは
この作品でも抜群です。
「ルーペとピンセット」と「ストーミーウェザーズ」には
個人的にウケました。

死に瀕している孫そっちのけで親バカのジャック・レモン。
しょうがない爺さんなのですが、去り際の後ろ姿が見事です。
テレフォン・セックスのプロのジェニファー・ジェーソン・リー。
欲求不満が溜まりアブナイ感じの夫に、クリス・ペン。
どう見てもまともなケーキ屋には見えない、ライル・ラヴェット。
嘘ばかりついてるピチピチパンツの警察官にティム・ロビンス。
ライル・ラヴェットとティム・ロビンスはアルトマン映画の常連ですね。

他のすべてのキャラも見事に立っていて
これぞアルトマンの群像劇の代表作と言えるでしょう。
posted by vlt at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。