2009年09月23日

『ナインスゲート』

ナインスゲート デラックス版 [DVD]

ジョニー・デップ、エマニュエル・セニエ、レナ・オリン
ロマン・ポランスキー監督

ポランスキー作品で唯一見ていなかった映画です。理由はハズレの臭いがぷんぷん漂っているから、だったのですが。。

世界に3冊しかない珍しい古書の真贋の調査を収集家から依頼されたコルソ。調査を開始したが、彼の周りには謎の美女がつきまとう。さらに、本に関わる人間は次々と殺され、自身も追われる身となるが。。

本の探偵コルソにジョニー・デップ。彼に付きまとう謎の美女は『赤い航路』のミミ、エマニュエル・セニエ。古書の以前の持ち主で謎めいた未亡人に『蜘蛛女』のレナ・オリン。

映像はやはりきれいで、ストーリーもぐいぐいと引き込まれます。伏線らしきものも張っているし面白い。さてあとはラストにどう着地するかというところですが・・・。

最後はがっかりでした。。『ローズマリーの赤ちゃん』風かとも思ったのですが、そうでもありません。
途中はずいぶん引き込まれてハズレの予感が外れてくれるか、と期待したのですが、終わってみるとやはりハズレでした。
しかし、観ている間は楽しめます。ポランスキーらしいB級ということで。
posted by vlt at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

『死と処女』

死と処女 [DVD]

シガニー・ウィーヴァー、ベン・キングズレー、スチュアート・ウィルソン
ロマン・ポランスキー監督

ポランスキーが最も得意とする(と私が思っている)少人数での密室心理劇。
登場人物は、夫婦と訪問者の3人。
前半は、おかしな妻と寛容すぎて頼りない夫という印象なのですが
訪問者が現れ、それぞれの言葉で過去が語られ始めると
緊張感がどんどん高まって行きます。
そしてラストへ。

3人の役者が素晴らしいです。
そしてやはりこういう映画を撮らせると
ポランスキーはやはり素晴らしいと思います。

『水の中のナイフ』、『袋小路』、『赤い航路』が好きな人は
きっと気に入るのではないかと思います。私は好きです。

このエントリを書いていて『水の中のナイフ』、『袋小路』について
書いてないことに気付きました。そのうち。
posted by vlt at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

『8人の女たち』

8人の女たち

ダニエル・ダリュー、カトリーヌ・ドヌーヴ、ファニー・アルダン、エマニュエル・ベアール、イザベル・ユペール、ヴィルジニー・ルドワイヤン、リュディヴィーヌ・サニエ、フィルミーヌ・リシャール
フランソワ・オゾン監督

屋敷の主人マルセルが殺される。
雪で閉ざされた屋敷にいるのは、8 人の女たち。犯人は一体誰なのか?

密室ミステリーという枠組みの中で、8 人の女優が魅せます。
まず、キャストが素晴らしい。
マルセルの妻にカトリーヌ・ドヌーヴ。存在感からいってもやはりこの映画の中心。
ドヌーヴのエキセントリックな妹役は、『ピアニスト』のエリカ先生、イザベル・ユペール。
この姉妹の母親、殺されたマルセルの義母は、ダニエル・ダリュー。
マルセルの妹、謎めいたダンサー役は、『隣の女』のファニー・アルダン。かっこよすぎ。
ドヌーブの娘二人は、姉がヴィルジニー・ルドワイヤン。
妹はオゾンのお気に入りで『焼け石に水』、『スイミングプール』にも出演している、リュディヴィーヌ・サニエ。
そして究極のメイド役に、エマニュエル・ベアール。最高!

キャストも脚本も素晴らしいのですが、さらに8人の女優が1回づつメインで歌って踊るシーンがあり、これが非常に楽しいのです。

メイド衣装のベアールの激しさ、妖しさ。髪と胸の衣装のわずかな乱れ。振り付けの最後の視線がたまりません。
ルドワイヤンとサニエの姉妹でのかわいらしさ。少し危うい。
サニエを中心として、ルドワイヤンとドヌーヴがバックダンスのパパパパ。
イザベル・ユペールの美しい振り付け。完璧な涙。
黒から赤へ。ファニー・アルダンの存在感。やはりすごい。
事件の最後を包み込むかのようなダニエル・ダリューの歌声。めちゃくちゃうまい。
どれも魅力的です。もう数十回観ていますが何度観ても飽きません。

ラストシーンは、横一線の美しさ。
監督オゾンが素晴らしい女優たちの魅力を存分に引き出し
やりたいことを全て実現しつくした映画。
こんなに楽しい映画は滅多にありません。
posted by vlt at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

『レンブラントの夜警』

レンブラントの夜警

マーティン・フリーマン
ピーター・グリーナウェイ監督

グリーナウェイのおなじみの世界です。
冒頭から『ベイビー・オブ・マコン』を思い出させるような舞台。
マイケル・ナイマンではないけれど、グリーナウェイの映画にかかせないアクの強い音楽。
光と色の鮮やかさは『コックと泥棒』を思い起こさせます。
泣き声の効果音も。好きですね、この人。

途中から謎解きっぽくなっていて、そこは楽しめます。
絵の眼のシーンはポランスキーの『反撥』を思い出してしまいました。
動きそうで怖い。。

映像はグリーナウェイなのでもちろん素晴らしいです。
音楽は好みがわかれるかもしれませんが個人的には好きです。
そしてラストの鮮やかさ。
この人、ラストだけは外しません。

しかし、肝心の中身は・・・どうなんでしょう。
『枕草子』ほど筆フェチに辟易する感じでもなく
(あれはあれで面白いのだけれど、筆に親しんでいる文化から観るとちょっと)
絵の謎解きがメインというわけでもなく。
レンブラントの波乱万丈の人生、というわけでもなく。
いつもの通り、彼が撮りたいものを撮ってみたというところでしょうか。

『コックと泥棒』とか『ZOO』のような個人的な熱狂は無いです。
それでも、この人の撮った映画はまた観てしまうという事だけは間違いないです。
posted by vlt at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

『パリ、テキサス』

パリ、テキサス

ハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキー
ヴィム・ヴェンダース監督

砂漠、青い空、赤い帽子。
言葉を失った主人公の男が倒れたという知らせを受けて
弟が彼を迎えに来ます。
弟、その妻、そしてこの夫婦に引き取られた実の息子。
彼らとの生活で主人公は少しづつ言葉を取り戻していきます。

ラスト近く鏡越しの会話のシーンはこの映画の白眉か。
引き込まれます。
ナスターシャ・キンスキーが美しい。

美しい映像、心を揺さぶる音楽。
全てが見事に結晶となった素晴らしい映画だと思います。

主人公の周りの登場人物があまりに優しくて泣けてきます。
ヴェンダースの人に対するまなざしの優しさが伝わってきます。
posted by vlt at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

『ベルリン・天使の詩』

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版

ブルーノ・ガンツ
ヴィム・ヴェンダース監督

今までなぜか出会うことのなかったヴェンダース。
この映画でヴェンダース初体験。

黒のコートを着た天使達がいい感じ。
天使の視線からはモノクロの世界。
人間の視線からはカラーの世界。

天使の視線でゆっくりと時間が流れますが
その中で今は人間であるピーター・フォークが
元天使のいい味を出しています。
人間になる時の鎧の値段を主人公と話すシーン等。
小技も利いてます。

モノクロの映像と詩的なセリフで今まで観たことの無い独自の世界。
この人の映画は他にも観てみたいです。
posted by vlt at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

『フローズン・タイム』

フローズン・タイム

ショーン・エリス監督

切なくてキレイな映画。
スーパーの店員や主人公の親友とかキャラがあまりにバカすぎです。
バカばっかりで笑えるシーンが多いのですが
映像は美しいです。特に時が止まっているシーンが。
シャロンがどんどんキレイになっていくところが良いです。

期待していなかったけど結構良かったという
掘り出し物のような映画です。
posted by vlt at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

『ショート・カッツ』

ショート・カッツ

ジュリアン・ムーア、ティム・ロビンス、ジャック・レモン、ロバート・ダウニー・Jr.、アンディ・マクダウェル、マシュー・モディーン、マデリーン・ストー、フランシス・マクドーマンド、ジェニファー・ジェイソン・リー、クリス・ペン、ピーター・ギャラガー、ライル・ラヴェット

ロバート・アルトマン監督

アルトマンの代表作がついにDVD化です。
この作品を見るのは2回目。
前回はレイモンド・カーヴァーの短編集を読んだ直後で
この場面はあの短編が元になっているなとか
一つ一つ思いながら見ていました。
今回はそんなことはすっかり忘れていましたが。

夜に殺虫剤を撒くヘリコプターの隊列のシーンがオープニング。
ラストを予兆させるような美しく少し不気味な幕開けです。

10組の日常を行ったり来たりしながら
それぞれのストーリーが少しづつ関連してきます。

クスリと笑わせるアルトマンのユーモアのセンスは
この作品でも抜群です。
「ルーペとピンセット」と「ストーミーウェザーズ」には
個人的にウケました。

死に瀕している孫そっちのけで親バカのジャック・レモン。
しょうがない爺さんなのですが、去り際の後ろ姿が見事です。
テレフォン・セックスのプロのジェニファー・ジェーソン・リー。
欲求不満が溜まりアブナイ感じの夫に、クリス・ペン。
どう見てもまともなケーキ屋には見えない、ライル・ラヴェット。
嘘ばかりついてるピチピチパンツの警察官にティム・ロビンス。
ライル・ラヴェットとティム・ロビンスはアルトマン映画の常連ですね。

他のすべてのキャラも見事に立っていて
これぞアルトマンの群像劇の代表作と言えるでしょう。
posted by vlt at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

『ザ・プレイヤー』

ザ・プレイヤー

ティム・ロビンス、グレタ・スカッキ、ウーピー・ゴールドバーグ他
ロバート・アルトマン監督

映画会社の No.2 が主人公。
ハリウッドの内幕を皮肉たっぷりに描いて見せます。

冒頭から気の利いた台詞回しと
どんどん引き込まれていくストーリー。
思わずニヤリとさせるラスト。

タンポンをくるくる回して取調べをするウーピーなど
脇役のキャラも立っている群像劇は
アルトマンならではです。

劇中劇で登場するブルース・ウィリスとジュリア・ロバーツ。
スターであるがゆえのアホ役ですが
良く出演する事を承諾したなと思います。
ジュリア・ロバーツについては冒頭の『卒業 2』についての会話が
いい伏線になってますね。

絵葉書職人についてのラストは
好みが分かれるところかもしれませんが
アルトマン好きなら満足できる作品だと思います。
posted by vlt at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

『愛のエチュード』

愛のエチュード

ジョン・タトゥーロ、 エミリー・ワトソン
マルレーン・ゴリス監督

ナボコフの『ディフェンス』が原作。
原題は"The Luzhin Defence"(ルージン・ディフェンス)。
直訳されても困るので『愛のエチュード』でいいのかもしれません。
ラストとはぴったり合ってるし。
ただ、トリュフォーの『恋のエチュード』と混同しそうになります。。

チェスを知ってる人ならこの映画の細かい点に
ツッコミを入れたくなるかもしれません。
例えば。。

・IQP ( Isolated Queen's Pawn ) の訳
 (字幕翻訳者がチェスを知らないからひどい事になってる)
・ルージン・ディフェンス
 (結局のところ 1.Nf3 にどう対応するかという事)
・最後のエチュードが実は簡単
 (数秒で解ける)

しかし、チェスをストーリーの小道具として観ると悪くない映画です。
チェスにとりつかれた主人公にジョン・タトゥーロ。
恋人役はエミリー・ワトソン。
『奇跡の海』での演技が強烈な印象でしたが
ここでは危うい主人公を支えています。

自分にとって一番大切なものが、自分の寿命を縮めてしまいます。
周囲はそれを心配してやめさせようとします。
愛するがゆえなのですが、本人はそれで死ぬのなら本望なのです。
その辺りが身につまされて非常に切なかったです。

チェスプレイヤーに感情移入して観るとつらいかも。
逆に恋人に感情移入して観ることができれば
観終わった後、爽やかな感情が残ると思います。
posted by vlt at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

ヒストリー・オブ・バイオレンス

ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、ウィリアム・ハート
デヴィッド・クローネンバーグ監督

クローネンバーグの新作です。
といっても 2005 年ですが。

冒頭からクローネンバーグの世界です。
この人は無機質なものが大好きだと思うのですが
逆に何が気持ち悪いかという事も良く分かっています。
撃たれた後の人間が一瞬だけアップになるシーンでは
『ザ・フライ』等のグロテスクな描写を思い起こしました。

ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロは
クローネンバーグの好みという感じです。
私好みでもあるわけですが。
ヴィゴ・モーテンセン、がいいです。動きが本当に美しいです。
あっちにいきそうな眼と、頬とかあごの削げ落ち具合もよいです。
マリア・ベロも美しいです。
この人もクローネンバーグの好みでしょうね。
きれいにきれいに脚とか撮ってるし。
下着も黒と白の2つを用意してるし。
コスプレさせるし。

しかし、それ以上にヴィゴ・モーテンセンを美しく撮っています。
随所にクローネンバーグらしさがみられ美しい映像と音楽。
クローネンバーグ好きにはたまらない作品です。
posted by vlt at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

『ニキータ』

二キータ

アンヌ・パリロー, ジャン=ユーグ・アングラード
リュック・ベッソン監督

今更という感じもしますが
なぜか今まで観た事が無かったので
ずるずる観てしまいました。

ブリジット・フォンダは
個人的にはかなり好きな顔立ちで
『アサシン』(今となっては彼女の代表作になってしまった)は
何回も観てました。
ちなみに『アサシン』はこの『ニキータ』のリメイク。

さて。
最初どうなる事かと思ったアンヌ・パリローが
途中からきれいに見えます。
そしてジャン・レノ演じる掃除人が異常にしょぼい扱いです。
掃除できない掃除人って。。
いいのかそんな脚本で。。
あとジャン・ユーグのにやけ具合が印象的でした。
『ベティー・ブルー』の時の方が良かったと思うけれど。

リメイク版の『アサシン』との比較になりますが
ブリジット・フォンダファンからすると残念ですが
『ニキータ』の方が良くできてると思います。
テンポがいいし自然。
『アサシン』はどこか無理してる感じ。
ブリジット・フォンダが痛々しく感じます。
(彼女はそういうキャラだが)

全体的な印象はリュック・ベッソンいい仕事したねという感じ。
この人は低予算の方が力を発揮するんじゃないかと思いました。
posted by vlt at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

アカデミー賞

まあ、所詮アカデミー賞だけど。
個人的にはカンヌの方が好きなのだけれど。
それに賞を与えると言う行為は
権力の作用でしかないのだけれど。
今年はちょっと面白い。

このブログのアイドルである
ヘレン・ミレンが主演女優賞を取ったのはうれしい。
いやービックリした。
ハリウッドから最も遠そうな感じだし。
これを機会に彼女の出演作がDVD化してくれるとうれしい。
最近『ゴスフォード・パーク』を観たのだけれど
ヘレン・ミレンの存在感はずば抜けていた。
(エミリー・ワトソンも出てたね、実は)

主演男優賞がフォレスト・ウェティカーと言うのもビックリ。
『ハスラー2』でポール・ニューマンをカモる
凄腕ハスラーを演じるのを見てから
この人は気になっていた。
「おれは太りすぎかい?」

『プレタポルテ』、『スモーク』でもこの人はいい味出してた。
と思えば『スピーシーズ』見たいなB級映画にも出てた。
名脇役だからもしノミネートされるなら
助演の方だと思っていたけれど
主演を張れるいい作品が回ってきたようです。

久しぶりに面白いニュースでした。
posted by vlt at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

『覇王別姫』

さらば、わが愛/覇王別姫

レスリー・チャン、コン・リー。
チェン・カイコー監督。

10年ほど観ようと思いながら見逃してきた映画をやっと観た。
名作になればなるほど書くのが難しい…。

炎の使い方が全編を通して印象的。
前半はひたすらスパルタ教育を受ける幼年時代。
後半から時代の流れと共に物語も急展開。
小楼と蝶衣そして小楼の妻。
三角関係が続く。ここでのレスリーは「女」ですね。

三人のエゴがぶつかるのが
文化大革命での凄まじい自己批判。
自らの身を守る為、溜めに溜めてきた感情が爆発する…。

ラストシーンが心を打つ。
蝶衣はずっとああしたくてもできなかったんだろう。
やっとその機会が訪れて、そして救われたんだと思う。
観ていて何故だかほっとした。

カンヌのパルム・ドールはむべなるかなという感じ。
やっぱり本物は違う。素晴らしい。
posted by vlt at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

『汚れた血』

汚れた血

ジュリエット・ビノシュ。ドニ・ラヴァン。ジュリー・デルピー。
レオス・カラックス監督。

あまりに美しくてある意味完璧な映画です。
青の服とビノシュの肌の白さの対比。
走りまくるレオス・カラックスの分身、ドニ・ラヴァン。
バイクで疾走するシーンが印象的なジュリー・デルピー。

この映画ではビノシュが美しい。
最後のシーンなんて特にそう。
ビノシュをきれいにきれいに撮っています。
実際、きれいなんだけれど。

それでも僕にはジュリー・デルピーのシーンの印象が強いのです。
posted by vlt at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

『トリコロール/白の愛』

トリコロール/白の愛

ジュリー・デルピー。キェシロフスキ監督。

好きになった女優や監督の作品は
どれだけ駄作感が漂っていても
全て観てみないと気が済みません。

ジュリー・デルピーの場合は、この作品から始まりました。。
このDVDのカバーのジュリー・デルピーも美しいです。

トリコロール三部作の2作目。
主人公はジュリー・デルピーに捨てられる男性。
ジュリー・デルピーの透明感と顔の薄さにやられました。
ストーリーはさておき。

ここから僕のジュリー・デルピー遍歴が始まります。
当時、百万遍に非常にマニアックなレンタルビデオ屋があり
『キリング・ゾーイ』
『彼女の存在』
『僕の愛した二つの国、ヨーロッパ・ヨーロッパ』
等をまず追い駆けました。
これらがDVDになるのが待ち遠しいです(ならないと思うけど)。

とりあえずは現在DVDになっているものから書いていきそうです。
posted by vlt at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

『仕立て屋の恋』

仕立て屋の恋

パトリス・ルコント監督。ミシェル・ブラン、サンドリーヌ・ボネール。

ルコントの中でもかなり好きな作品の一つ。
全体的に抑えた色調の中で
時々はっとさせる美しい色合いが出てくるところが好き。

具体的には階段からりんごが転がってくるシーンとか。
そしてその後、女の人の脚を下から舐め上げるように撮るシーンとか。
こういうところがルコントですね。

今から思えば彼の映画から、かなり影響を受けている気がします。
多感な時期にこの人の映画をあまりに何度も観たので。
posted by vlt at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

ロバート・アルトマン

追悼。

『ショート・カッツ』とか本当に面白かった…。
原作のレイモンド・カーバーの短編集と
映画は基本的に別物だと思っているのだけど。
早くDVDになって欲しい。

サリー・ケラーマンがらみの作品は結構好きかも。
特に「ホット・リップス」は歴史に残るキャラだと思う。

一番好きなのは『ゴスフォード・パーク』かなあ。。
最晩年であんな映画を撮れるのは凄いと思う。
あれだけの面子を群像劇としてまとめられるのは彼だけでしょう。

どうでもいい事だけれど
某新聞のニュースサイトで
アルトマンについて『反体制派映画監督』と報じられていた。
「反体制派」って何?アンチ・ハリウッドって事?
なんか『反体制派映画監督』という言葉に凄く違和感を感じてしまった。
どれか一つでもアルトマンの映画を観ていれば
『反体制派映画監督』という言葉だけでは語れない監督だと
感じると思うのだけれど。。。

アルトマンの群像劇がもう観られないのが本当に残念…。
独自路線を突っ走る監督がまた一人いなくなったのが悲しい。
posted by vlt at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

『親密すぎるうちあけ話』

親密すぎるうちあけ話

パトリス・ルコント監督。サンドリーヌ・ボネール。

まだ観てないのだけれど、久々に期待できそうなルコント作品。
こういう作品はレンタルはあてにならないので多分購入する事になりそう…。

サンドリーヌ・ボネールは『仕立て屋の恋』以来のルコント作品出演だそう。
あれ、22歳の時の出演だったんですね。
とてもそうとは見えなかった。。
ルコント好みの女優だし(=私好み)これは見てみたいかなと。
久々に観たい映画かな。
posted by vlt at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

『六月の蛇』

六月の蛇

塚本晋也監督。黒沢あすか。
邦画ってほとんど見ないのですが
機会があったので観ました。

雨と押さえた色調と黒沢あすかの変貌がいい感じ。
メガネ取るだけであれだけ変われるとは。
やはり一番の見所は、全裸で雨に打たれながら
フラッシュ連写を受けるところでしょう。
あまりにも美しいです。

これはなかなか。
posted by vlt at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。