2006年11月08日

『六月の蛇』

六月の蛇

塚本晋也監督。黒沢あすか。
邦画ってほとんど見ないのですが
機会があったので観ました。

雨と押さえた色調と黒沢あすかの変貌がいい感じ。
メガネ取るだけであれだけ変われるとは。
やはり一番の見所は、全裸で雨に打たれながら
フラッシュ連写を受けるところでしょう。
あまりにも美しいです。

これはなかなか。
posted by vlt at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

『第一容疑者 3』

第一容疑者 3

さて2の最後にあった出来事で3からは新しい展開。
どうでもいいですけれど、テニソン主任警部モテまくりですね。
まあ男がほっとかないわな。。

新しい環境、仕事に慣れる事から始まり
しかし徐々に周りを味方にしていきます。

見所いっぱいなのですが
やはりラストの取調べで
ラッシュでヘレン・ミレンが叩き込むところが
一番の見所でしょう。
ぞくぞくする迫力です。

これ全7巻まであるけれど
この調子だと、結局全部見るんだろうな。。
posted by vlt at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | drama | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

『第一容疑者 2』

第一容疑者 2

第一容疑者にハマって抜け出せなくなってしまった。。。

これ一話が約3時間あるんですよね。
DVDでは前編後編と分けてくれてはいるのですが
前編がとんでもないところで終わる為
結局後編も観てしまう事になります。

第2話も政治的社会的に微妙な問題を取り上げつつ
ストーリーは見るものを惹きつけて離さない。
そんな感じです。

ラストがびっくりなので
結局、第3話も続けて観てしまうのでした。
廃人だよ…。
posted by vlt at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | drama | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

『第一容疑者』

第一容疑者 DVD-BOX1

ドラマは国内海外問わず、全くといっていいほど観ないのですが
ヘレン・ミレンがあまりに好きなので観てしまいした。
これ、NHKでも少し前にやっていましたね。

観てみると意外にも、すごく面白い…。
一話が約3時間と長いのですが、長さを感じさせません。
どんどん物語に引きずり込まれていきます。
脚本がいいのかな。。

それにしても、ヘレン・ミレン演じるテニソン警部が良いです。
僕はタバコは吸いませんし煙が苦手ですが
ヘレン・ミレンといいランプリングといい
観ているだけならタバコの吸い方がものすごくカッコいいですね。

あと、ドラマの主人公という事もあってか
顔がアップのシーンが多かったです。
改めてヘレン・ミレンの顔が好きだと思いました。

目尻のシワがあれほど美しい女優はなかなかいません。。。
posted by vlt at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | drama | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

四白眼

三白眼の女優は結構いるが
四白眼の俳優も結構いるではないかと
ある人に指摘された。

例えばクリストファー・ウォーケン様とか
ヴィンセント・ギャロ。

どちらもカッコよすぎるけれど。
クリストファー・ウォーケン様が
アップで近づいてきたら
…コワイな。

いくら自分が四白眼でもあの眼には負ける…。
posted by vlt at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

三白眼の女優

どうやら僕は三白眼の女優が好きらしい。
シャーロット・ランプリングとブリジット・フォンダは間違いなく三白眼だ。
似た目をしている。普通に好き。
出演作にあまり恵まれていないのが難。
ランプリングは最近フランソワ・オゾン監督で復活した感じ。

あと地味なところでヘレン・ミレンが好きだ。
『コックと泥棒,その妻と愛人』のラストシーンの美しさ。
この人も間違いなく三白眼。
この人は作品に恵まれている。脚本を見る目があるのか。

三白眼でなくて好きなのは
ジュリー・デルピーやクリスティン・スコット・トーマス。
こちらはちょっとはかなげ。
僕の基準ではおめめパッチリ。

世間の基準ではパッチリとは
ウィノナ・ライダーやイザベル・アジャーニみたいな人を言うのだろうが。

あと好きなのは、サンドラ・マジャーニとか
インゲボルガ・ダプコウナイテ。
でも出演作があまりに少ないのが残念だけど。

でもやっぱり三白眼の女優が好きだ。
ちなみに僕は四白眼なのだけど。
posted by vlt at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

『フーコー・コレクション 4・5・6』

フーコー・コレクション〈4〉権力・監禁

フーコー・コレクション〈5〉性・真理

フーコー・コレクション〈6〉生政治・統治

フーコー・コレクションがついに完結。
さらに12月には『フーコー・コレクション フーコー・ガイドブック』が出るらしい。
どんなものか分からないけれど楽しみ。
posted by vlt at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

『アンチ・オイディプス(上・下)』

アンチ・オイディプス(上)資本主義と分裂症

アンチ・オイディプス(下)資本主義と分裂症

ジル・ドゥルーズ フェリックス・ガタリ。河出文庫。

ドゥルーズ/ガタリの本って、大きいし重いし高いし…。
学部の図書館で本当にお世話になりました。
それがついに文庫化!

この本も古典になったという事か。
というか、買うべし、買うべし、買うべし。

これが文庫で読めるなんてありえない。
こういうことをやってくれるから河出書房新社は好きだ。
あとついでに『ミル・プラトー』
『差異と反復』も文庫化してくれるとうれしいんだけどな。

期待しよう。
posted by vlt at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

『セクレタリー』

セクレタリー スペシャル・エディション

スティーブン・シャインバーグ監督。
ジェームズ・スペイダー、マギー・ギレンホール主演。

ジェームズ・スペイダー主演で題名が『セクレタリー』なら観るしかないでしょう。
彼は『セックスと嘘とビデオテープ』『クラッシュ』のように
Mの役をさせると異常にハマります。

ストーリーもこれまたジェームズ・スペイダー的にSMのテイストが入ってきます。
秘書に応募してきた女の子が主人公。
彼女は社会復帰しましたが、自傷行為がやめられません。

神経の細そうな彼女よりさらに神経の細そうな弁護士で
彼女の上司を演じるのがジェームズ・スペイダーです。

彼女の自傷行為を見て、彼はミスをした彼女をある時自室に呼び
お尻を打ちます。
このシーンが宣伝としては良く使われているようですが。

僕は自傷行為の代償として、彼が叩いたのだと感じました。
ですのでジェームズ・スペイダーは、サド役を演じているのではなく
サドに見えるけれども彼女に奉仕しているという意味で、
この映画でもやっぱりマゾの役柄じゃないかと思いました。
SとMは表裏一体ですが。

二人の神経衰弱ぶりが良いです。
やっぱりジェームズ・スペイダーの映画はどこか面白いですね。
個人的には結構好みです。この映画。
posted by vlt at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

『未来惑星ザルドス』

未来惑星ザルドス

ジョン・プアマン監督。
ショーン・コネリー、シャーロット・ランプリング主演。

久しぶりにやってしまったか。
僕の見る映画には2種類ある。
一つ目は文句なしに見たいもの。
例えば、クローネンバーグやポランスキーやラース・フォン・トリアーの映画。
もう一つは恥ずかしながらハズレと分かっていながら女優で見る映画。
この映画はランプリングが出てるので見た。それだけ。

映像はものすごく低予算で笑える。
人面岩が空を飛んでるし。
いたるところにビニールが使われているし。。
ショーン・コネリーもランプリングも
どうしてこれに出ようと思ったのかが分からん。。。
すごい格好してるし。。

ストーリーは、共同体はそれ自体では持続できないという
いろんなところで使われている典型的な思想に
ジョン・プアマン風の味をつけた感じ。
いろんな解釈は可能だと思いますが。

個人的な一番の見所は投票のシーンで
ランプリングが「NO」の仕草をするところでしょうか。
いつもの三白眼と共に決まってます。
posted by vlt at 16:22| Comment(0) | TrackBack(1) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。